上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑

わが家には、日本語をすべて
『ちゃ行』に変換してしまう人がいます。
 
先日2歳になったばかりの次男坊、くら丸です。
 
たとえば・・・
「お茶飲む?」 と聞くと
 

「お茶、ちょむちょみたい!」
と言い、
 
どここかが痛いときは
 
「おくちゅり、ちゅりちゅり(ぬりぬり)ちてほしいの~。」 

 
絵本を読むときは 
「これ、ちょんで。(読んで)」
 
私の携帯が鳴ると
「かーしゃん、ちぇんわ!(でんわ)」
 

そして勝手に応答…(するマネ)
 
「あい、ぽしぽし
  え?!ちょっとぱってて!(まってて)
  ちゃみしといて!\(゜ロ゜\)」
 

と、演技口調でなぜかマ行は、パ行に変換。 
ちゃみしといて…の意味は不明… 
 
人の頭をなでるときは
だしだし~(よしよし)」 
 

その他の言葉も、8割がた『ちゃ行』変換します。
 
彼は言葉をしゃべり出すまでは本当に
ワイルド坊やで、何をしでかすか、何を
考えているのかさっぱりわかりません
でしたが、いざ言葉をしゃべり出すと、
口調は意外と穏やかで、ほわんとした言葉

を話すので、保育所の先生やママさん方、
患者さまにまで
 「かわいい~~~~」
と奇跡のコメントをいただくようになっています。 
 
でも家での行動は相変わらずです。 
 
この頃 銀のカレースプーンが必需品の

ようで、何を食べるときでも必ず大きな
スプーンを要求してきます。
 
右手に大きなスプーンを持ち、左手で
ご飯&納豆を手づかみして、全身納豆
まみれになりながら、けっきょく右手の
スプーンは一切使わないという無意味な
ことを日々繰り返す次男です。 

 
1年前の食事風景。 
 
 
一年たった今もなんら変わりない食べ方
をしています

なにも成長しちゃいない…(ー_ー;) 
 
ただ『ちゃ行』を使いこなすようになっただけです。。。 
 
そして最後の1枚。
男児はバカなことをする生き物です。

 
これは、シャワーのお湯をダイレクトに
お尻の穴にあてて喜んでいる長男(左)と、
その姿をもれなく真似する次男(右)という構図。 
 
バカだわぁ~……(ー_ー;)
 
 

スポンサーサイト
2014.07.22 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。