上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
スキンケアはシンプルに…

これ私が心がけていることです。
今までいろいろ試してきて、これが一番私には合ってる気がします。

小さい頃は肌が弱いなんてことはなく、皮膚科とも無縁の生活でしたが、
高校生になって頻繁に顔を洗うようになったり、大学に入ってお化粧を
するようになってから、ちょっとしたことでかぶれたり痒みが出たりする
ようになりました。

それからというもの、スキンケアについてはかなり勉強してきました。
自分自身の肌で色々な商品を試したり、皮膚科の先生や美容室のメイクさん、
医療文献やネットでの情報収集…と、素人のくせにスキンケアに関する
知識はやたらあります

なのでわが家に女子が泊まりに来ると「肌悩み相談会」みたいになる
ことも多く、私が現在実行しているスンケアについてや、美容のために
実行してることなど、根掘り葉掘り聞きだされることも多いです

化粧してきれいな肌になるのではなく、すっぴんがキレイな肌を目指すべく、
日々試行錯誤しながら自分の肌と向き合っています。

今の私のスキンケアは、極力「何もつけない」こと。
これを実践するのにどんなに抵抗があったことか…

超乾燥肌の私は、お風呂上がりすぐに化粧水をたっぷりつけて
保湿ジェルや乳液でしっかりふたをするのが日課でした。
そうしないとあっという間に乾燥してカッサカサになってました。

そんな私でも今は乳液や保湿ジェルなしで過ごせています。
1年前の私からは考えられないことです。

「積極的に保湿しない」

これが肌を育てるのにとっても重要なことなんだとわかりました。
半年かかってやっとわかりました。
それまで何度か挫折しかかったんですけどね…

たしかに化粧水や美容液、クリームなどをつければつけるほど肌はもちもちに
なっていくような気がしますが、それを使わないと肌が潤わないということは、
肌本来の力はなにも育ってないんだなぁと気づきました。

こんなサイトをご存知ですか?↓

マーケットスタイル開発室(秘密の化粧品)

このサイトを初めて見たときは目から鱗というか、ほんとに本当なの
疑いの気持ちでいっぱいでしたが、自分の出来る範囲で実践していくと、今までにない
肌触りが戻ってきて、肌が強くなってきた気がします。

でもこのサイトで提唱している「何もつけない」は私にはマイナスに働きました。
けっこう長く実践していましたが、私の場合、もともと超乾燥肌なので皮脂分泌も
そんなになく、肌がどんどんくすんできた気がしたので、適度に水分足すことも必要だなぁ
とサッパリめの化粧水だけつけるようにしたら、その日から肌のくすみがパッととれて、
肌触りも格段によくなりました。

ちなみに肌診断なるものを百貨店の化粧品カウンターでしてもらったところ、
以前より肌年齢は若くなっていました

まだ自分にとってベストなスキンケアは模索中ですが、こうやって色んなことを
試していきながら、素肌を元気にしていきたいなぁと思っています。
スポンサーサイト
2011.09.30 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。